KOTONOHA愚考録

June 27, 2006

立原正秋『美食の道』

 

 

 

 

 

 

 埼玉・川越市にある帯津三敬病院の帯津良一先生は、がん治療のホリスティック・アプローチで知られる。ぼくは知己を得て20年ほどで(その頃はほとんど無名だった)、近年はぼくが関わっている非営利市民団体にも力を貸していただいているほか、がんの患者およびその家族向けの雑誌の創刊に関して、その出版社の社長であり、昔の職場の先輩でもある人から「帯津先生に監修ということでお名前を借りられないか」と頼まれ、その橋渡しをしたことから、その雑誌自体にも関わることになり、ここ2年ほどは帯津先生の連載ページづくりのために、月に一度は先生にお目にかかっていた。
 で、ここ何カ月かは〈養生〉をテーマとしてお話をうかがっていたのだが、ナンとその雑誌がいきなり休刊するという連絡をもらい、先日は連載最後の話を聞きに川越まで行った。わが家から病院までは片道1時間。一方、先生へのインタビュー時間、わずか15分。これでA4サイズの雑誌2ページ分を仕立てているのだから、ぼくの腕前もたいしたものだ……って、これは褒められることでしょうかね?

 その短い(最後の)インタビューの中で、興味を引かれたのが、「食」に関する言葉だった。がんという病は“いのち”と裏腹なところがある。日常生活すべてが、この病に関わってくる。そこで、帯津先生が説く〈養生〉の基本は「こころ」と「食」と「気功」なのだが、一般にがんの食事療法というのはゲルソン療法にしろ玄米菜食にしろ厳しいものが多い。『粗食のすすめ』の著者であり、ずっと帯津病院の患者さんたちの食事相談を引き受けている幕内秀夫さんは、「そういうのは食事療法ではなく、修行だ」と否定的なのだが、先生もまた「いのちを支える食だからこそ、ときめきがないといけない」とおっしゃる。
 それで、その“食へのときめき”を表現するのに、何かよい言葉はないか、よいキャッチフレーズはないものかと思っていた……というのが、本稿の前振りです(われながら長いゾ!)。

 ある日、先生は書店で1冊の本に目を留める。すでに亡くなっている作家の食に関するエッセイを集めた文庫本で、最近出たばかりらしい。先生は、その作家の書く食の話が好きだったので買い求め、読んでいたら「これだ」と腑に落ちる言葉に出会った。
 作家は立原正秋。本は『美食の道』(角川春樹事務所グルメ文庫。にしても、何ちゅうタイトルだ! 著者が生きていたら、こんなタイトル、絶対に許可しなかったと思うぞ)。
 食に関する長短さまざまなエッセイがあるのだが、その中に〈希望がある〉〈希望がない〉という表現があり、先生はこの言葉にいたくインスパイアされ、患者さんたちに、「これからはこの言葉で行こう。何を食べればよいか――それは〈希望がある〉食べ物だ、と」と言っているのだそうだ。

「希望がある。」

 

 

 

 

 

 では、どんな食が〈希望がある〉と立原正秋は言っているのか。原稿を書くためにぼくも購入し、どこにその言葉があるのか探して読んだ。2カ所だけあった。

 立原正秋は、自ら食材を吟味して購い、包丁を振るう人である。
 その彼は、例えば冬の夜中に仕事をしていて腹が空くと、自分で簡単な雑炊をつくる。その作り方も簡単に記してあって、
《冷や酒をのみながら、この熱い雑炊をすするのである。まことに飾り気のない食べ物である》
 と言いながらも、《乾し海老を入れても楽しい。あかいいろどりが楽しい》などと、つくることを楽しんでいる。そして、子供たちが遅くまで勉強していれば、声をかけてともにすすり、こう書くのだ。
《この冬の雑炊には希望がある。上等な食べものではないが、日常のたしかさがそこにあるように思う。》(冬の夜の雑炊)

 あるいは、魚屋の店頭で吊し切りにした鮟鱇を購い、自分で鍋に仕立てたものの美味さを披瀝したあと、こう書く。
《いつだったか東京でこの鍋を食べたことがあったが、どうもいけなかった。味に希望がないのである。希望が持てない食べ物はつくづくいやだと思う。新幹線のビュッフェに入って見たまえ。電子レンジで暖めて出すあそこの料理には、なんとしても希望が持てない。八百屋で牛蒡を千六本にしたのを売っているが、あそこにはひとかけらの希望もないし、ましてあれを買う主婦にはまったく希望が持てない。そうした主婦をうしろからながめていると、うしろ姿がないのに気づく。のっぺらぽうなのである。》(鮟鱇鍋)

 この言葉はいいと、ぼくも思った。振り返ってみて、たしかにそうだと思った。時間がないからと飛び込んで掻き込む牛丼や立ち食い蕎麦に希望はあるか? ファミレスのハンバーグ定食に希望はあるか? 短い時間で届けることを身上としている宅配ピザに希望はあるか?
 希望があるかないかを分けるのは、食べたあとの満足感ではなかろうか、と思う。自分で包丁を振るい、楽しみ、つくった雑炊には満足感があるだろう。酒の肴である冷や奴だって、枝豆だって、そう言われれば豆腐はスーパーで買ってきたものせよ、薬味は自分たちで用意したものとそうでないもの、枝豆なら枝付きのものを買ってきて、自分たちで塩湯で茹でたものと居酒屋で出てくるものには、微妙な違いがあるような気がする。
 蕎麦だって、例えば神田・まつやで食べるそれには満足感があるし、ハンバーグだってピザだって、食べて満足する店はもちろんある。
 ということは、要はつくり手(自分であれ家族であれ専門家であれ)の“気”がどれぐらい入っているか、ということにならないか?

 いや、うまく言えない。ただ、立原正秋が言う〈希望〉については、何となくわかる感じがする。そのひとつ「日常のたしかさ」ということでは、イタリアのスローフード運動につながると思う。
 ……ということで、聞きたいのだが、アナタの今日の夕食には〈希望〉がありましたか?



(01:29)

June 08, 2006

 例の「共謀罪」に関して、以下のようなメールが回ってきた。
 余計なコメントは付しません。そのまま掲載します。


------------------------------------------------------------------------

共謀罪に“Say NO!”
共謀罪法案反対NGO・NPO共同アピール

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクション

------------------------------------------------------------------------

「話し合うことが罪になる」
――共謀罪法案の審議が山場を迎えています。
 二人以上の人間が何かを計画したり話し合ったりしただけで罰せられる、戦前の治安維持法のような悪法、「共謀罪」という法律が、いまの国会で成立してしまうかもしれません。

 共謀罪関連法案(正式には「犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法の一部を改正する法律案」)は、2003年にはじめて国会に提出されましたが、あまりにも危険な内容に、国会議員や一般市民、法律家団体などの反対が強く、これまでに二度廃案になっています。

 この法律ができると、たとえば官庁や企業にメールで意見送付を呼びかけるような、NGOが通常行なっている活動までも犯罪とみなされ、政権が嫌がる人やグループを思いのまま弾圧できる法律です。また、職場の待遇改善とか、マンションの建設反対といった要求さえ罪に問われかねないなど、民主社会の基本である言論と表現の自由が脅かされてしまいます。おまけに、計画にかかわっても自供すれば罪が軽減されるため、つねに密告や盗聴や警察スパイを警戒して、国民・市民どうしが疑心暗鬼で暮らさなければならなくなるでしょう。

 グリーンピース・ジャパンは去る4月19日、アムネスティ・インターナショナル日本、ピースボート、日本国際ボランティアセンター、VAWW-NETジャパン、反差別国際運動日本委員会、子どもと教科書全国ネット21とともに「共謀罪に反対するNGO・NPO共同アピール」を発表し、5月15日現在で189団体の賛同を得ています。反対世論の高まりとともに、ようやくマスコミも問題の深刻さを取り上げるようになり、衆議院法務委員会での強行採決に歯止めをかけてきましたが、政府・与党はすぐに採決の構えです(5月16日、5月17日、5月19日は世論の力もあって強行採決はされていません)。

 グリーンピース・ジャパンは共謀罪法案の廃案を求めます。

 ぜひこのサイバーアクションに参加して、法案審議を担当する国会議員、各党 代表、マスコミに共謀罪反対の声を届けてください。
 Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクションページ
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/civil_liberty/cyberaction/

 からすぐにメッセージを送ることができます。 

 ここで送信すると、衆参の法務委員、首相、法相にメッセージを送ることができます。 
 ここで送信すると、衆参の法務委員、首相、法相にメッセージが送られます (主な DoCoMo、au などの携帯電話からも送信可能です)。

Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクションアクションに参加

グリーンピース・ジャパン事務局長 星川 淳

以前の情報
------------------------------------------------------------------------

5.19共謀罪法務委員会、
国会議員からの緊急報告集会

------------------------------------------------------------------------

5月19日の強行採決は回避されました。
------------------------------------------------------------------------

共謀罪に“Say NO!"――5・17院内リレートーク

------------------------------------------------------------------------

ご支援のお願い 下記ホームページを御覧下さい

http://www.greenpeace.or.jp/info/features/civil_liberty/

 



(00:11)

November 14, 2005

 この、アメリカ渡りのことばを初めて目にしたのは、3年ほど前だったと思う。以降、日本ではどうなのか注目していたら、ようやくここにきて急にクローズアップされてきた。

 LOHAS。
 まだ「ロハス」「ローハス」と読み方は統一されていないようだが、Lifestyles of Health And Sustainabilityの頭文字を取った造語だ。いまやSustainability(持続可能な)はエコロジーと同義語だから、“地球環境に配慮しながら、エコロジカルで健康的な生活を送る人たちのライフスタイル”というような意味になる。語呂は悪いが聞こえはいいよな。

 このことばが生まれたそもそもについて読みかじりの知識で簡単に紹介すると、1998年にアメリカのポール・レイという社会学者とシェリー・アンダーソンという心理学者が、全米15万人を対象に15年間にわたって行ったアメリカの成人の価値観調査結果について明らかにしたことだった。
 その調査結果によると、「信心深い保守派」(Traditional)が24%、「民主主義と科学技術を信奉する現代主義者」(Modern)が47%だったが、それに続く、ある明確な志向を持つ第3の勢力が29%――4人に1人以上――あった。それは40年前にはほとんど見られなかった新しい価値観・世界観・ライフスタイルだったことで、彼らはこの人々を「カルチュラル・クリエイティブス」(Culutural Creatives:生活創造者)と呼んだ。
 カルチュラル・クリエイティブスとはどういう人たちか。ひとことで言えば、近代の大量生産・大量消費を前提とした経済成長や競争をよしとするあり方への反発から生まれてきた価値観を有する人々で、保守派や現代主義者と比べると、以下のような傾向がとくに強いという。

・持続可能な地球環境や経済の実現を願い、そのために行動する。
・金銭的・物理的豊かさを志向せず、社会的成功を最優先しない。
・人間関係を大切にし、自己実現に努力する。
・政治にあきらめを感じていない。
・西洋医学の医薬品に頼らない病気予防や、代替医療に関心がある。

 調査によれば、こうした志向を持つ人たちは1960年以降、その数を徐々に増やし、現在アメリカでは全米の4人に1人に当たる5000万人、EU(欧州連合)諸国内では8000〜9000万人存在すると見られるらしい。ちなみに、アメリカのカルチュラル・クリエイティブスの平均年齢は42歳。うち3割が大卒で、年収は全米の平均以上。そして、その6割は女性ということだ。
 そして、このカルチュラル・クリエイティブスのライフスタイルに対して付けられたのが、LOHASという造語なのである。

 この価値観的傾向を見ると、何のことはない、環境NGOの活動家で『スロー・イズ・ビューティフル』の著者の辻信一らが提唱してきた「スロー」という概念と何ら変わらない。
 しかし、決定的に違うことがあって、それは、「スロー」は消費する側――つまり、市民の側から生まれたことばだった。ところが、LOHASの命名者は、実は生産する側――アメリカの企業側というところだ。
 乱暴な言い方をすれば、企業から見て、「おお、わがアメリカには、こんな大人の4人に1人という、おいしい市場があったのか」という発見であって、LOHASは、「スロー」のごとくオルタナティブな価値創造のためのキーワードではなく、モノを売るためのマーケティング用語なのです。
 ここを取り違えてはいけない、と思う。

 日本でもようやくこのことばがクローズアップされてきたということは、LOHASをキーワードにビジネスしようとする動きが始まった、ということなのだが、それを仕掛けるのに広告会社の電通が動いているらしいという噂は、前から耳にしていた(そうしたら実際に電通LOHASプロジェクトというのができていた)。
 いや、だからといってLOHASは怪しいと言っているわけではもちろんない。LOHASが規定するような生産者がつくるLOHASなモノというのは前からずっとあるわけだからね。

 ただ、以前書いたように、ファストフードの代表のMクドナルドが、本来はそのあり方に対する異議申し立てであったはずの「スロー」を、ことばだけがメディアで消費され、その概念がきちんと広まっていないことをさいわいに、自社の企業キャンペーンにぬけぬけと使うような事例だってあるわけだ(05/09/07 「笑っちゃったぜ」)。
 だから、LOHASなることばの意味や謂われを知らず、「私ってば、ロハスな人だから」などと口にするということは、“売らんかな”だけを狙っている企業からすれば、カモネギのお客さんなのです。



(23:24)

September 07, 2005

●1本目

Hot pepper 地下鉄にて。
 座席シートの右端に坐っていたら、すぐ右手、乗降ドア前に立っていた女子高生と思しき2人連れの話し声が聞こえてきた。
「この雑誌って、“熱い紙”という意味よねえ。どういうことなんだろ?」
「わかんなーい」
“熱い紙”とはどんな雑誌ぞ? と首を右にひねって見上げたら、1人が雑誌を広げていて、表紙に『Hot Pepper』とあった。

 もう少しお勉強をがんばるようにね。

 

●2本目

 大阪から単身赴任で東京に来ていて、ついこの間大阪に戻った友人のT氏。
 居酒屋でとりとめもない話をしていたら、きっかけは何だったか、ぼくが「不義密通は……」と言ったら、
「それはあきまへんわ。多すぎる」
 とT氏。
「へっ?」
 と問い返すと、
「不義も、ひとつやふたつならともかく、3つは多いわ」
 あのー、“3つ”じゃなくて、“密通”なんだけど……ま、たしかに“不義3つ”は多いわな。

●3本目

 ファストフードの代表、Mクドナルドの広告キャンペーンのキャッチコピーにいわく、

  ファーストフード。
  そのおいしさや安心は、
  スローにつくられています。

Mクドナルドの広告「スロー」ということばに新たな意味を付与したのは、イタリアの田舎町から発せられた「スローフード運動」だが(それについては島村菜津著『スローフードな人生!』=新潮文庫=に詳しい。いい本です)、その発端がローマに進出しようとしたMクドナルドに対する反対運動だったことはよく知られている(結局進出しちゃったけど)。
 その運動の理念は、ファストフードに象徴される大量生産・大量消費・大量廃棄を前提としたグローバリゼーションを強いるアメリカ的世界侵略に対する抵抗で、それを“自分たちの食の文化を護り、子供たちに伝承していく”という地点から始めよう――というものだ。
 一方、シューマッハー『スモール・イズ・ビューティフル』を文字って『スロー・イズ・ビューティフル』なる本を著し、マクドナルド的20世紀的価値観からの転換を訴えたのが文化人類学者の辻信一で、その“スロー”には“エコロジカルでサスティナブルなあり方”という意味が込められていた。

 しかし、いまやことばもまた消費されていくものでしかない。「スロー」ということばもまた使い回され、都合のいいように曲解されて、ついにはMクドナルドが企業イメージの広告キャンペーンに使うまでになってしまった……という、笑っちゃうけど笑ってはいられないお話しでした。



(06:46)

May 03, 2005

 たとえば昼間、みのもんたがテレビで「○○には××を食べるのがいい」といえば、夕方、その食物がスーパーの店頭から消える――というような、おバカな「食」の現象のことを言い表すうまいコトバはないものか、とつねづね思っていた。
『粗食のすすめ』の幕内秀夫さんは、そのまんま“みのもんた症候群”などと言っていたが、誰かに説明するのに毎回毎回、「ホラ、みのもんたがテレビでしゃべるとさぁ……というような現象」というのも面倒くさい。
 何か、ズバッと一言で、かつ批判性も含んだコトバはないものだろうか?
 
 そうしたら、4月3日の東京新聞に挟み込まれた日曜版「世界と日本 大図解シリーズ No.677」が“あります”と教えてくれた。
 
  フードファディズム Food Faddism
 
  と言うのだそうだ。説明によれば、
 
〈「ファド(Fad)は英語で「熱狂的で、一時的な流行」を意味する。一般的には、「マスメディアや食品・健康食品産業などから日々、大量に発信される食べ物に関する健康・栄養情報を過大評価したり、過信すること」を言う。ある食品に含まれる物質の有益性などを摂取量や頻度、実験の詳細を曖昧に表現し、「これを食べると○○に良い」などと針小棒大に取り上げる風潮もその一例だ。〉
 
 ……だそうです。

 新聞ではさらに、フードファディズムを、
〃鮃効果をうたう食品の爆発的な流行
 遠くは「紅茶キノコ」、近くは「ココア」「カスピ海ヨーグルト」「にがり」なんてのがありましたね。
⊃品・食品成分の“薬効”強調
 海藻ではなくて、海藻に含まれるフコイダンが……などという言い方だ。
食品に対して不安をあおり立てる
 の3タイプに分類。
 そして、フードファディズムが広がる以下の4つの社会的要因を挙げている。

●十分すぎる食料が供給されている
 …そもそも飢えていれば、食べ物についてあーだこーだなど言わない。

●過剰なまでの健康志向や「健康であらねばならぬ」という強迫観念が社会全体に漂っている
 …日本の場合、“強迫観念”が“漂っている”どころの話じゃない。“健康増進に取り組まないものは非国民である”と言わんばかりの「健康増進法」なる法律があるからだ。国家が法でもって国民個人の健康に介入したのは、過去ナチスドイツだけだと言われる。なぜ介入するかといえば、戦時にあっては強い軍隊の確保と、丈夫な兵隊サン予備軍を産んでもらうためだ。いまは何かというと、国民医療費や介護費を1円でも減らしたい、というだけのことで、アナタやワタシの健康を気遣ってくれているわけじゃないのだよ。

●食料の生産や製造、流通に対して、ばく然とした不安や不信があること
 …BSE問題など、これはいろいろある。

●イメージや情報に流されやすい人がたくさんいること
 …とはいえ、上記のような要因があるのだもの。どうしたって、情報に右往左往させられてしまうのもむべならぬことではあるよなあ。
 
 ともあれ、これからそういう人たちのことは「フードファディッシュなヒトビト」と呼ぼう……って、何かコトバの響きが格好良すぎるような気がしないでもないのだけれど。


(13:07)