January 29, 2007

めし椀

 

 

 

 

 

 何の変哲もない、木のめし椀である。
 どこで購ったか、いかほどしたか、もう憶えていないが、ナニ、ぼくが買ったものだもの、いかほどもしないはずだ。
 ただ、なにゆえに買い求めたか、ということだけは憶えている。

 どれぐらい前のことになるのだろうか。
 ベトナム生まれの禅僧で、フランスを拠点にして平和運動へ献身していることで、ダライ・ラマ14世と並ぶ世界的に著名なティク・ナット・ハン師が来日、一日鎌倉でウォーキング・メディテーション―歩く瞑想―のワークショップを開かれるから行かないか、と誰かに誘われた(あ、彼だろうなーというような心当たりがないわけでもないが、この記憶の薄れ具合ははどうよ)。
 少しく気持ちが荒んでいた頃でもあったので、行ってみようかなーと思い、参加を申し込んで会費を振り込んだ。これも同様に、いくらだったか憶えていない。

 その時に、“昼食は会費のうちで、粥が供されるが、器と箸は自前でね”という参加条件があったから、やっぱりここは木製の椀かな、持参するにも軽いし――とわざわざ買ったのだった。

 その日の師のワークショップは、というと……荒んだ心が前夜ワタクシに少なくない酒を飲ませ、おかげで寝過ごして――何せ鎌倉だもの――結局行けなかった(笑ってやってください)。
 したがって、この椀にはその会費分も含まれているので、お安くはない。もちろん行けなかったワタクシが悪いのであるけれど(泣)。

 だからというわけでもないが、この椀はときおり粥を炊いて食する時などに使っている。同じめし(コメ)でも、そういうやさしい食べ方をするのに向いているような気がする。
 そして、青菜の漬け物や梅干し、塩昆布などを菜に粥を噛みしめるたびに、あの日寝過ごした自分を悲しく思うのだ。

めし碗 もうひとつは普段使いのめし碗だ。たしか池袋西武百貨店で開かれていた陶芸家の展示即売で買った。絵柄かなくシンプルで、ツルりではなく少しくボツボツしている手ざわりもよくて、つい買った。3000円ぐらいだったように記憶している。このめし碗では、炊きたてのめしに納豆をぶっかけて掻き込んだりしている。
 これら以前に、どんなめし椀(碗)で食べていたのか……これも、実はさっぱり記憶がないんだよねー。



(01:54)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by shoe inserts to increase height   August 19, 2013 04:04
Thanks for such a good blog. It was what I looked for.
2. Posted by フェラガモ アウトレット   May 07, 2014 17:33
動画共有ウェブサイト YouTubeは世界の最大のリーディング最大であり、誰もそれを打ち負かすことはできません。一人一人がアド ビデオレッスンユーチューブでその後 取る埋め込みコードとポストをどこでも% 酔夢楼日常:めし椀の記憶 - livedoor Blog(ブログ) %。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔