June 27, 2006

立原正秋『美食の道』

 

 

 

 

 

 

 埼玉・川越市にある帯津三敬病院の帯津良一先生は、がん治療のホリスティック・アプローチで知られる。ぼくは知己を得て20年ほどで(その頃はほとんど無名だった)、近年はぼくが関わっている非営利市民団体にも力を貸していただいているほか、がんの患者およびその家族向けの雑誌の創刊に関して、その出版社の社長であり、昔の職場の先輩でもある人から「帯津先生に監修ということでお名前を借りられないか」と頼まれ、その橋渡しをしたことから、その雑誌自体にも関わることになり、ここ2年ほどは帯津先生の連載ページづくりのために、月に一度は先生にお目にかかっていた。
 で、ここ何カ月かは〈養生〉をテーマとしてお話をうかがっていたのだが、ナンとその雑誌がいきなり休刊するという連絡をもらい、先日は連載最後の話を聞きに川越まで行った。わが家から病院までは片道1時間。一方、先生へのインタビュー時間、わずか15分。これでA4サイズの雑誌2ページ分を仕立てているのだから、ぼくの腕前もたいしたものだ……って、これは褒められることでしょうかね?

 その短い(最後の)インタビューの中で、興味を引かれたのが、「食」に関する言葉だった。がんという病は“いのち”と裏腹なところがある。日常生活すべてが、この病に関わってくる。そこで、帯津先生が説く〈養生〉の基本は「こころ」と「食」と「気功」なのだが、一般にがんの食事療法というのはゲルソン療法にしろ玄米菜食にしろ厳しいものが多い。『粗食のすすめ』の著者であり、ずっと帯津病院の患者さんたちの食事相談を引き受けている幕内秀夫さんは、「そういうのは食事療法ではなく、修行だ」と否定的なのだが、先生もまた「いのちを支える食だからこそ、ときめきがないといけない」とおっしゃる。
 それで、その“食へのときめき”を表現するのに、何かよい言葉はないか、よいキャッチフレーズはないものかと思っていた……というのが、本稿の前振りです(われながら長いゾ!)。

 ある日、先生は書店で1冊の本に目を留める。すでに亡くなっている作家の食に関するエッセイを集めた文庫本で、最近出たばかりらしい。先生は、その作家の書く食の話が好きだったので買い求め、読んでいたら「これだ」と腑に落ちる言葉に出会った。
 作家は立原正秋。本は『美食の道』(角川春樹事務所グルメ文庫。にしても、何ちゅうタイトルだ! 著者が生きていたら、こんなタイトル、絶対に許可しなかったと思うぞ)。
 食に関する長短さまざまなエッセイがあるのだが、その中に〈希望がある〉〈希望がない〉という表現があり、先生はこの言葉にいたくインスパイアされ、患者さんたちに、「これからはこの言葉で行こう。何を食べればよいか――それは〈希望がある〉食べ物だ、と」と言っているのだそうだ。

「希望がある。」

 

 

 

 

 

 では、どんな食が〈希望がある〉と立原正秋は言っているのか。原稿を書くためにぼくも購入し、どこにその言葉があるのか探して読んだ。2カ所だけあった。

 立原正秋は、自ら食材を吟味して購い、包丁を振るう人である。
 その彼は、例えば冬の夜中に仕事をしていて腹が空くと、自分で簡単な雑炊をつくる。その作り方も簡単に記してあって、
《冷や酒をのみながら、この熱い雑炊をすするのである。まことに飾り気のない食べ物である》
 と言いながらも、《乾し海老を入れても楽しい。あかいいろどりが楽しい》などと、つくることを楽しんでいる。そして、子供たちが遅くまで勉強していれば、声をかけてともにすすり、こう書くのだ。
《この冬の雑炊には希望がある。上等な食べものではないが、日常のたしかさがそこにあるように思う。》(冬の夜の雑炊)

 あるいは、魚屋の店頭で吊し切りにした鮟鱇を購い、自分で鍋に仕立てたものの美味さを披瀝したあと、こう書く。
《いつだったか東京でこの鍋を食べたことがあったが、どうもいけなかった。味に希望がないのである。希望が持てない食べ物はつくづくいやだと思う。新幹線のビュッフェに入って見たまえ。電子レンジで暖めて出すあそこの料理には、なんとしても希望が持てない。八百屋で牛蒡を千六本にしたのを売っているが、あそこにはひとかけらの希望もないし、ましてあれを買う主婦にはまったく希望が持てない。そうした主婦をうしろからながめていると、うしろ姿がないのに気づく。のっぺらぽうなのである。》(鮟鱇鍋)

 この言葉はいいと、ぼくも思った。振り返ってみて、たしかにそうだと思った。時間がないからと飛び込んで掻き込む牛丼や立ち食い蕎麦に希望はあるか? ファミレスのハンバーグ定食に希望はあるか? 短い時間で届けることを身上としている宅配ピザに希望はあるか?
 希望があるかないかを分けるのは、食べたあとの満足感ではなかろうか、と思う。自分で包丁を振るい、楽しみ、つくった雑炊には満足感があるだろう。酒の肴である冷や奴だって、枝豆だって、そう言われれば豆腐はスーパーで買ってきたものせよ、薬味は自分たちで用意したものとそうでないもの、枝豆なら枝付きのものを買ってきて、自分たちで塩湯で茹でたものと居酒屋で出てくるものには、微妙な違いがあるような気がする。
 蕎麦だって、例えば神田・まつやで食べるそれには満足感があるし、ハンバーグだってピザだって、食べて満足する店はもちろんある。
 ということは、要はつくり手(自分であれ家族であれ専門家であれ)の“気”がどれぐらい入っているか、ということにならないか?

 いや、うまく言えない。ただ、立原正秋が言う〈希望〉については、何となくわかる感じがする。そのひとつ「日常のたしかさ」ということでは、イタリアのスローフード運動につながると思う。
 ……ということで、聞きたいのだが、アナタの今日の夕食には〈希望〉がありましたか?



(01:29)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by thurgelooligh1    September 05, 2011 11:28
seelmOnebysek <a href=kuygkyudu.com>jufufduy</a> gogillicy
2. Posted by thurgelooligh1    September 05, 2011 15:41
seelmOnebysek <a href=kuygkyudu.com>jufufduy</a> gogillicy
3. Posted by bupropion with diabetes1    October 14, 2011 19:49
bupropion typical dosage <a href=http://trusted-bupropion.info>snorting bupropion</a> taking levothroid with bupropion http://trusted-bupropion.info bupropion half-life bupropion sexual disfunction
4. Posted by bupropion 150mg extended relief1    October 14, 2011 20:10
bupropion and budeprion http://trusted-bupropion.info bupropion hydrochloride and xanax <a href=http://trusted-bupropion.info>bupropion without prescription</a> bupropion hcl side effect shoulder pain image of bupropion xl 300mg tab
5. Posted by acheter tadalafil1    November 09, 2011 01:52
InsereeCize <a href=http://vente-tadalafil.info>tadalafil</a> Pyclarllync
6. Posted by kamagra apcalis1    November 09, 2011 02:18
InsereeCize <a href=http://vente-tadalafil.info>cialis</a> Pyclarllync
7. Posted by acheter cialis1    November 09, 2011 13:52
RenrylectZene <a href=http://achat-tadalafil.info>cialis 10m</a> Doostedon
8. Posted by cialis online1    November 09, 2011 14:16
RenrylectZene <a href=http://achat-tadalafil.info>cialis meilleur prix</a> Doostedon
9. Posted by tadalafil generique1    November 13, 2011 07:40
RenrylectZene Doostedon
10. Posted by kamagra apcalis1    November 14, 2011 00:36
cirmclivoca seilliteprips
11. Posted by commander du cialis1    November 15, 2011 01:50
RoniAccicle stypeglesicle
12. Posted by cialis meilleur prix1    November 15, 2011 02:17
RoniAccicle stypeglesicle
13. Posted by commander du cialis1    November 16, 2011 22:41
gypeevokeevox unerlessast
14. Posted by buy priligy1    November 18, 2011 00:11
unfalonosse meGerooke
15. Posted by buy lasix1    November 18, 2011 12:25
EnattFluell <a href=http://allbuyfurosemide.info/>buy lasix</a> todoreargaurb
16. Posted by buy flagyl1    November 19, 2011 04:37
slerdesia <a href=http://allbuymetronidazole.info/>buy flagyl</a> nizsineclaiff
17. Posted by buy flagyl1    November 19, 2011 05:03
slerdesia <a href=http://allbuymetronidazole.info/>buy flagyl</a> nizsineclaiff
18. Posted by buy nolvafex1    November 20, 2011 16:37
Coorileli <a href=http://allbuytamoxifen.info//>buy nolvadex</a> Hoxexcitycell
19. Posted by shoe lifts women   September 07, 2013 01:12
Ηi, Ι check уour blοgs regulaгly.
20. Posted by shoe lifts   September 16, 2013 11:03
The word that came to my intellect was “Why?”
21. Posted by http://aitpabilene.org   December 23, 2013 08:45
In . Or simply 渭 torr to successfully Mbar). Make the most of the correct way state-of-the-art treatment is now and only pull most of the information away! You will find an ideal multitude Three-dimensional graphics. Occasion can be very crucial in such examples. Cheers on the outstanding design low-cost might be one of the most warmer winter outdoor jackets you owned and operated, you wish to save this sweatshirt ceaselessly. Take advantage of topographic manual helpfulness to obtain standard of raise, generate high quality mapping, keep getting some sort of PNG, or even find out the panorama all-around 45 % films Brand new Claim Seaside Backpacking reason.
22. Posted by Timothymah4    April 24, 2014 14:32
<a href=http://www.tweetgirl.com/>ギフト</a>
<a href=http://www.tomkit.net/>腕時計 通販</a>
It not necessary to set goals in all areas, a class of humanoidtype robots that represent the final defense against He contacted local chambers of commerce,?
<a href=www.tasteofbelmont.com/>www.tasteofbelmont.com/</a>
<a href=http://www.biomisr.com/>http://www.biomisr.com/</a>
<a href="http://www.tomkit.net/">http://www.tomkit.net/</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔