January 05, 2006

 父親の叔父貴が郷里で何軒か映画館を持っていたことと、父親が無類の映画好きだったせいで、物心つく前から映画館に連れて行かれており(タダ券がもらえるのだ)、すでに小学生の後半には劇場招待券を握りしめ、一人で日活アクションや大映時代劇などを見に行くようになっていた。そんな育ち方だったから、ぼくの日常生活にはずっと「映画」というアイテムが当たり前のように存在している。

さすがに近年は、劇場へ足を運ぶことはめっきり減ったけれども(並ばされたりするのが嫌だ)、レンタルのビデオはよく観ており、昨年初めにようやく安いDVD再生機を手に入れてからはもっぱらDVDで楽しんでいる。とはいえ、ぼくがいま住む町のレンタルビデオ店は、この10年ほどの間に3軒あったのがいずれも姿を消したために、仕方なく新宿まで出て行く、あるいは新宿経由でどこかへ赴く用事があるときに新宿東口のTSUTAYAを御用達として借りたり返したりしているので、面倒といえば面倒なことになっているのだけれど。

 

しかし、家で観るレンタルのビデオあるいはDVDは、劇場で観るの違い緊張感が欠けるからか、また酒を飲みながら観ているというようなシチュエーションが多いからだろうか、つまらないのは観る片端から忘れていく。観た作品のタイトルさえ憶えていないことも少なくない。

そこで、オレはいったいどのような映画をどれぐらい観ているのだろうと、去年の正月に一念発起して(というほど大袈裟なものではないけれど)、記録を付けることにした。といっても、感想なんぞを書き始めたらきりがないので、タイトルのほかは監督や役者、原作など、ちょっとメモしておきたいものを、パソコン上の簡単な日記帳に書き留めるだけのことなのだが、その昨年1年分が以下の記録だ(映画だけでなく、内外のテレビドラマも多い)。

これを眺めると、月によってすごく少ないときもあって、きっと記録しそこなっているものがけっこうあるのではないかと思われる。

ともあれ、こうやって振り返ると、昨2005年は、オンエア時にテレビで観て以来、もう一度観てみたいとずっと思っていた岡本喜八監修のテレビドラマ『遊撃戦』(68〜69年)のDVDと邂逅し、狂喜乱舞したところから始まり、韓流テレビドラマ『チャングムの誓い』のドラマづくりに感心し、感動し、ハマったところで終わった1年だった。結局、劇場で見たのはジョニー・デップの『ネバーランド』だけだった。 赤字は面白かったもの。「挫折」は途中で観るのをやめたもの)

 

 

1月 19本

遊撃戦テレビ版独立愚連隊「遊撃戦」佐藤允1、2、3/藤田敏八監督 梶芽衣子「修羅雪姫」「修羅雪姫 怨み恋歌」映画館で見て以来の再見/小林旭 舛田利雄「完全なる遊技」芦川いずみが可愛い/「散打王」/ジェリー・ブラッカイマー製作「キング・アーサー」/黒澤明脚本「敵中横断三百里」/大林宣彦「なごり雪」/ジョニー・デップ「ネバーランド」(映画館で)/ジェームズ・コバーン「地上最大の脱出作戦」/「ホーンブロワー 海の勇者」1〜6/「新・少林寺三十六坊」リュウ・チアフイ 監督劉家良 方世玉の物語

 

2月 12本

ダメ男のダメな日常「アメリカン・スブレンダー」ワンダフルでした/「愛の落日」原作:G・グリーン『おとなしいアメリカ人』/「ホーンブロワー」7、8/チャン・イーモウ「Lovers」/「ホテル ヴィーナス」//ケイト・ブランシェット「ヴェロニカ ゲイン」/チョウ・ユンファ「上海灘」1、2/「ビッグ・フィッシュ」ティム・バートン監督/「海猿」/「MASK DE 41」田口トモロヲ主演

 

3月 28本

「上海グランド」(「上海灘」の映画化) ツイ・ハーク プロデュース、アラン・タム レスリー・チャン/「上海灘」 5〜9/「インファナル・アフェア2」/「ホネツギマン」コーエン兄弟脚本/「沈黙の聖戦」スティーブン・セガール/「南少林」/「コラテラル」トム・クルーズ/「エゴイスト」アンディ・ガルシア/「マスター・アンド・ウォリアー」上下  コッポラ総指揮/「昭和残侠伝 血染めの唐獅子」疲れているときには任侠映画です/「スウィングガールズ」 ぐね?いぐね?/「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」/「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 辛亥革命(2枚組)」/「マッスル・モンク」アンディ・ラウ/「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」/「昭和残侠伝」/「酔いどれ博士」勝新太郎/「侠骨一代」マキノ雅博 高倉健/「パブリック・アイ」ロバート・ゼメキス制作 ジョー・ペシ 再見

 

4月 7本

「80日間」J・チェン/テレビ時代劇「斬り抜ける」1〜6近藤正臣

 

5月 15本

渡辺謙「仕掛人 藤枝梅安」シリーズ1〜3/アラン・パーカー「ケロッグ博士」上野圭一さんご推薦/「機関車先生」/「オールド・ボーイ」/「スタスキー&ハッチ」テレビシリーズを新たに映画化。ダメ/「ヤング・ブラック・スタリオン」馬の映画です/横山秀夫原作・仲間由紀恵「顔」1〜4/「三文役者」新藤兼人 竹中直人/「ゲーム」仲間由紀恵/篠田節子原作「カノン」行定勲 賀来千香子

 

6月 9本

「五線譜のラブレター」ケビン・クライン コール・ポーター物語/「アナーキスト」韓国映画 上海20年代、朝鮮・義烈団/「ターミナル」S.スピルバーグ トム・ハンクス/「Ray./「スカイ・キャプテン」挫折/「シークレット・ウインドウ」ジョニー・デップ 半分のところでネタが割れた/「キャットウーマン」ハル・ベリー/ヘンリー・ミラー原作、クロード・シャブロル監督「クリシーの静かな日々」 昔のモノクロ版のやつがよかった/「パーマネント・ミッドナイト」

 

7月 6本

「コニー&カーラ」 傑作音楽映画/「ソルトン・シー」バル・キルマー ヤク中の潜入捜査官/「スーパーサイズ・ミー」マクドを1ヵ月食べ続けたドキュメント/「ピーター・セラーズの愛し方」ピーター・セラーズの伝記

/「サイドウェイズ」 主役は「アメリカン・スプレンダー」の彼/「マイ・ボディガード」デンゼル・ワシントン、原作は『燃える男』

 

8月 13本

パッチギ「隠し剣、鬼の爪」/「笑いの大学」稲垣吾郎がどうも…/「パッチギ」井筒和幸久々の快作/「大統領の理髪師」大統領とは韓国のそれ。/「ボーン・スプレマシー」マット・ディモン/萬屋錦之介「それからの武蔵 」1〜6/「新・香港国際警察」ジャッキー・チェン 久しぶりの力作/「トレジャー・ハンター」ニコラス・ケイジ

 

9月 6本

「真説 タイガーマスク」船木将勝がタイガー 哀川翔/「エイリアス」1〜4/安藤昇自伝「渋谷物語」村上弘明 やっぱりご当人が最後にちらっと出るんだ…

 

10月 17本

マーティン・スコセッシ「アビエイター」デイカプリオ/「失われた龍の系譜」ジャッキー・チェンの親父の物語 ドキュメント/「ビヨンド・ザ・シー」ボビー・ダーリン物語 ケビン・スペイシー 見事/中島らも原作「お父さんのバックドロップ」宇梶剛志/「南少林三十六坊」1〜6 方世玉の物語/「沈黙の標的」スティーブン・セガール/キム・ベイシンガー「セルラー」/「ローレライ」CGがまるで書き割り/「恋は五・七・五」/向田邦子ドラマスペシャル「眠る盃」久世光彦演出/「理由」大林宣彦/向田スペシャル「夜中の薔薇」

 

11月 23本

チャングムの誓い「デンジャラス・ビューティー2」サンドラ・ブロック/「ミリオンダラー・ベイビー」C.イーストウッド/「チャングムの誓い」1〜10/向田スペシャル「いつか見た青い空」/「リバイバル・ブルース」/「ER 勝廝院腺粥.掘璽坤鵑發發10シリーズ目。ということは、何年見続けているんだろう?/「さよなら、さよならハリウッド」ウディ・アレン/「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」ダーク・ピットものの映画化/「イン・ザ・プール」松尾スズキ 挫折/「野獣の青春」鈴木清順 宍戸錠/「ストーン・コールド」トム・セレック 原作ロバート・B・パーカー/向田スペシャル「春が来た」桃井かおり 松田優作

 

12月 18本

「クライシス・オブ・アメリカ」ジョナサン・デミ監督 デンゼル・ワシントン/「バタフライ・エフェクト」何度でも生き直す物語/「きみに読む物語」/消防士もの「炎のメモリアル」トラボルタ/「インファナル・アフェア3」/「レディ・ダルタニアン」マイケル・ヨークがダルタニアン!/「チャングム」11〜12/「ER 勝廝6/「宇宙戦争」 スピルバーグ、トム・クルーズ/「村の写真集」 藤竜也/横山秀夫「半落ち」寺尾聡/向田スペシャル「女正月」/向田スペシャル「響子」/京極夏彦原作「姑獲鳥の夏」堤真一 阿部寛 実相寺昭雄監督/「オペレッタ狸御殿」鈴木清順 いやはや…/「ブランニュー・ワールド」

 

 

――というわけで、合計173本。書き留めてみると、自分でもあきれるほどよく見てるわ。いったいいつ仕事をしているんだと、いつも原稿が遅れ気味のクライアントからお叱りの声が飛んできそうだ。ただ、残念ながら一昨年の「下妻物語」のように、“ぶっ飛びオモシロ”映画はなかった。しかし、こうやって眺めると、自分の嗜好がよくわかる。今年は映画だけでなく、買った本も記録していこうと思っている。本もまた何を買ったか忘れていることが多いんだよねえ。



(14:32)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まえかわ   January 06, 2006 21:46
下北沢シネマアートンにて母娘監禁・牝を上映中。
『荒井晴彦の作劇術』という特集の一本です。
未見でしたら、是非。
上映が一日一回だけなので、ご注意を。
2. Posted by mizugame   January 09, 2006 01:35
DVDとは言え、
よく見たもんですね〜。
当方は、
せっかく延長したので夫婦50割を利用して、
今年はもっと映画館に足を運ぶことを心がけるぞ〜。
って、去年の年頭にも思ったけど。
残念ながら先日見た「キング・コング」は期待外れでした。
3. Posted by Mia   July 26, 2013 11:28
Very informative article. Much obliged.
4. Posted by Mia   August 30, 2013 12:28
Really enjoyed this blog.Really thank you! Keep writing.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔