September 25, 2005

 この一文は昨年(2004年)春に書いたものです。

 

 

マンダム 昨夏の終わり、一人のアメリカ人男優の死が報じられ、その訃報を目にした多くの日本人があるフレーズを思い出した。

男優はチャールズ・ブロンソン。そのフレーズとはもちろん〈ウーン、マンダム!〉……と、つい想像してしまったほど、「ブロンソン」といえば「マンダム」、「マンダム」といえば「ブロンソン」のイメージの結びつきは強い。実際、日本のマスコミ報道で、「マンダム」に触れなかったものは一つも目にしていない。

 

 戦後生まれの男の子たちのオシャレは、まず髪の毛から始まった。

その先駆的商品が、1962年(昭和37)にライオンが若者をターゲットに、米国ブリストル・マイヤー社と提携して発売した液体整髪料「ヴァイタリス」だ。それまで整髪料といえばポマードやチックといった、髪の毛を固めるベタベタ系のものしかなく、しかしそれらは、たとえば僕の中ではそれらは“父親のニオイ”として記憶されているほどオッサン臭いモノだった。

 そこへ登場した「ヴァイタリス」は、当時花開きかけていたアイビーファッションの、短髪をナチュラルに七三に分けるアイビーカットをキメるのにピッタリだと、またたく間に若者に膾炙していった。

 

 続いて登場し、若者たちのオシャレごころをさらに煽ったのが、資生堂が1967年(昭和42)に発売した「MG5」シリーズだ。ヘアリキッド・トニックといったヘアケア製品はもとより、スキンケアからフレグランスまでトータル23品目というラインナップで、ここにおいて「男性化粧品」というジャンルが初めて生まれたといっていい。

 この「MG5」によって男性化粧品という市場がつくりあげられたところへ、いきなり登場し、いきなり市場を奪ったのが、チックの代表的ブランドだった「丹頂」が起死回生をかけて投入した「マンダム」で、1970年(昭和45)のことだ。

 

前年に公開された仏映画『さらば友よ』で、主役のアラン・ドロンを食う存在感で注目されたとはいえ、まだまだ有名とはいえなかったブロンソンを広告キャラクターに起用、「MG5」が団次郎(朗)や草刈正雄といったバタ臭いイケメンキャラクターでスマートなカッコよさをアピールしたのに対して、やっぱり丹頂というべきか男臭い外国人オッサンで勝負、見事に大当たりして、以降8年にわたって「マンダム=ブロンソン」攻勢は続き、そのブランドを揺るぎないものにするとともに、発売の翌年には社名も「マンダム」に改めている。

 

 その成功は、極論すればブロンソンというキャラクターに負うところが大きかったと思うし、ブロンソンも日本では「マンダム」のおかげで津々浦々まで知られた、と思う。

 報道によれば、ブロンソンの訃報に対し、マンダムでは供花を送ったという。

(『P's ANIMO』誌 2004.spring号掲載分に一部加筆)

※ちなみに、ブロンソンのCMの監督は、まだメジャーデビュー前の大林宣彦さん。ここから、いわゆる“外タレブーム”が始まるのだが、大林さんはソフィア・ローレン(ホンダの女性向けバイク“ラッタッタ”)はじめ、外タレCMの多くを手がけている。



(02:07)

トラックバックURL