June 22, 2005

ジャスピンコニカ

デジタルカメラというのは、撮影直後にその場でどう撮れたか確認できるし、パソコン上でいじれたり、そのままメールに添付して送れたりするので、ぼくらのような商売にとって便利といえば便利なのだが、フィルムカメラの、たとえばDPEから受け取るまで仕上がりがわからないから、仕事がらみのものなど撮り損ないがなければまずほっとするし、会心のショットと思えるものが1枚でもあろうものなら嬉しくなる――というようなあたりの感動が薄いような気がしてならない。

 

それはさておき、デジカメも含めてカメラというのは、いまやどこの家庭にも1台や2台はあり(カメラ付きケータイの登場で1人1台の時代か)、生活用品の一つのようになっているけれども、そうなった――つまり誰もがカメラを持つという“カメラの大衆化”は日本の場合、そんなに昔のことではない。ほんの30年ほど前、1970年代のことで、それを推し進めたのは、2台の日本製コンパクトカメラの登場だったと言っていい。

  

カメラの大衆化の要件は何か。
  それは“誰でもちゃんと写真が撮れること”だ。

 

その命題を背負った開発者が現像所を回り、マーケティングしている中で気がついたのが、シロート写真に撮り損ないが多いということだった。
 一番の原因は光量不足だ。
 「写真を撮る」ことの基本は光の量。これをコントロールするのが絞りとシャッタースピードで、足りなければストロボで補正する――というのは、カメラを知っている人で、シロートはただシャッターを押しまくる。そこで、まず光量の失敗がないようにストロボを内蔵することを考え、開発した。

 

もうひとつは、ちゃんと“焦点が合っている”ということだ。ストロボ内蔵を実現した同じ開発者が次に取り組んだのがこの“ピント合わせを自動にする”という課題で、これもクリアして製品を世に送り出し、かくして“誰でもちゃんと写真が撮れる”カメラの登場で、日本のカメラの大衆化の時代が始まった。

 

――と書くと簡単なようだが、いまではカメラのジョーシキ(付いていて当たり前)であるこの「ストロボ内蔵」「オートフォーカス」という機能は、いずれも“世界初”の技術であり、革命的なことだった。だから、その開発の過程はNHK『プロジェクトX』の題材にも十分なり得るものだったと思う。

 

愛称を言えば誰でも知っている。
 ストロボ内蔵は『ピッカリコニカ』(1974)、オートフォーカスは『ジャスピンコニカ』(1977)で、その名でわかるように開発したのはいずれも小西六写真工業。現コニカミノルタだが、本稿で『ピッカリ…』ではなく『ジャスピン…』をタイトルとしたのは、「カメラの日」(11月30日)が『ジャスピン…』の発売日としていることと、本体とレンズがセパレートゆえにむずかしいと言われた一眼レフのオートフォーカスを商品化し、こちらは一眼レフの大衆化に貢献したのがミノルタの『α7000』(1985)だったことに敬意を表してのことである。
(『P's ANIMO』誌2004.summer号掲載分に一部加筆)

 



(09:29)

トラックバックURL