April 29, 2005

 ジャッキー・チェンの映画を初めて観たのは、日本での公開順でいえば『ドランクモンキー・酔拳』に続く『スネーキーモンキー・蛇拳』(製作でいえばこちらのほうが先)で、いつだったか調べてみたら1979年のことだった。

 以降、おおむね公開のたびに観てはいたのだが、『プロジェクトA』(日本公開は1984年)とそれに続く『ポリスストーリー・香港国際警察』で、ジャッキー・チェンという俳優というか映画人の本領に驚かされて以降は見逃したことがない(『プロジェクトA』は一般試写会で観たのだけれど、NG集が披露されるエンドロールが出たとたん、会場では大拍手が巻き起こったものだ。エンドロールで観客から拍手が起こったという経験はもう1回あって、『ダイハード』です)。
 
80デイズ というわけで、『80デイズ』(原題:AROUND THE WORLD IN 80 DAYS)ももちろん観た。タイトルからわかるように、ジュール・ヴェルヌの小説の映画化だ。
 この物語の映画化としては、アカデミー賞作品賞に輝いたデヴィッド・ニヴン主演の邦題『80日間世界一周』(1956)がよく知られており、もちろん公開時ではないけれど、ぼくも観ている。
 このデヴッド・ニヴン版は、日本人には目よりむしろ耳に親しいのではないかと思うね。というのも、日本人の海外への夢をおおいに煽ったテレビ番組『兼高かおる世界の旅』のテーマ曲がこの映画の主題曲だったからで、おかげで、日本人はこの曲が流れると、「ああ、海外旅行ね」とパブロフの犬のごとくイメージが湧くようになってしまい、いまだにテレビ番組で“海外旅行”というと、この曲がよく使われる(ちなみに、調べたら『兼高かおる…』のスタートは昭和34年だが、何と平成2年まで続いていた)。
 
 時代は19世紀後半、まだ飛行機などないビクトリア朝時代のイギリス。ミスター・フォッグなる偏屈な貴族が、80日で世界1周できるかどうか社交サロンの仲間と賭けをし、雇ったばかりのフランス人の執事パスパルトゥとともに旅に出る。果たして賭けに勝つことができるのか――という冒険譚である。この物語を、ミスター・フォッグがやや偏執狂的な発明家であり、なおかつ主役を執事にして再映画化(なのか再々映画化なのか、はたまた再々々映画化なのかは知らないが)したのが『80デイズ』で、当然この執事がジャッキー・チェン。ただし、名前は原作同様「パスパルトゥ」で、中国人の主人公がそう名乗るいきさつのつくりはうまい。
 
 さらに本作は原作をなぞりながらも、中国人のジャッキーが早く故郷に帰らなくてはならぬ重要な事情があり、そのためにミスター・フォッグの従者になって世界一周計画を利用する、というサイド・ストーリーを用意して展開していく……のだが、本稿の主題はじつはここからなのです。
 
 この映画のサプライズ(売り)は、ワン・エピソードにアーノルド・シュワルツェネッガーが出ていたりすることだろうが、ぼくにとってのサプライズは、ジャッキーがうまく故郷に帰ることができたそのシーンで、サモ・ハン・キンポーが登場したことだ(ウェブの公式サイトにもそんな話は出ていなかったぞ)。

 何のことかわからない人には見終わってもわからないままだろうが(わかっている人にはネタばらしになってしまうのだけれど)、その役名がウォン・フェイ・ホン(黄飛鴻)であり、サモ・ハンの登場シーンに、あの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』のテーマ曲「男兒當自強」が流れるのだ。
 そこで思わずムフフフと喜んでしまったし、それだけでも、ぼくにとってこの映画は面白かったといっていい。
 
 この『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』(略してワン・チャイ)とか、黄飛鴻についてはまた書きたいと思うけれども、ひとつ明かしておけば、ジャッキー・チェンの出世作『酔拳』の主人公が、この黄飛鴻である。
     


(07:08)

トラックバックURL