May 2005

May 18, 2005

オールド 誰が最初に命名したのか、ボトルの形状から主に関東では「ダルマ」、関西では「タヌキ」という愛称で呼ばれる。
 もちろんサントリーのウイスキー・オールドのことだが、商品名由来でない愛称を持つ酒なんてほかにあるだろうか。
 裏返せばそれだけ愛されたということで、いや実際、ついこの間までオールドは国産ウイスキーを代表する商品だった。

 なぜそれほど愛着を持たれたのか。それは、戦後日本のサラリーマン社会のある種あこがれの対象だったから、と言っていい。
 
 オールドの登場は復興期の1950年(昭和25)。とはいえ大手企業の平均給与だって1万3000〜5000円程度という時代に、この新商品は1500円もしたから、安月給族はもっぱらちょっと前、1946年(昭和21)に出た同じサントリー(当時は「寿屋」)のトリスウヰスキーで満足していた。「トリスバー」なんてものができるのが、この時代です。
 しかし、まもなく日本は高度経済成長期に突入、“一億総サラリーマン時代”の幕が開く。
 
 サラリーマンの生きがい、やりがいは何といっても出世である。
 そこで、大衆酒トリスと高級酒オールドの間に、戦前生まれで名品と言われた角瓶(通称「カク」。1937年=昭和12)を置いて、これが出世のシンボルとなった。つまり、いまはトリスを飲んでいるけれど、いつかはカクを飲むぞ、さらに出世できたらオールドを飲むんだ――という図式ですね。

 一方、景気がいよいよイケイケドンドンになった頃、よく言うところの“右肩あがり”の時代ってやつですが、サントリーは「二本箸作戦」なる戦略を展開する。ウイスキーを和食料理屋など“二本箸”の店にも置かせようというもので、提案されたのが和食にも合う「水割り」なる飲み方(昔の映画を見ると、それこそトリスバー的なところで客はウイスキーをストレートで飲んでいる)と「ボトルキープ」というシステム。その中心商品がオールドだった。
 
 以降、サラリーマンの酒の飲み方といえば、ボトルをキープして水割りで、というスタイルになっていくのだが、このボトルキープという日本独自のシステムもまた、“いつかはオールドをキープするぞ”という彼らの向上心をあおっていき、所得も増えてサラリーマンが時代を謳歌できるようになると、酒場の棚は社用族のダルマ(タヌキ)で埋め尽くされていった。

 この図式が崩れるのは、直接的には外圧による1989年の税制改革によって輸入洋酒が一気に安くなったためで、それまでスコッチのジョニーウォーカー赤ラベル(通称ジョニ赤)でももらおうものなら、それこそ居間に置いた安っぽい合板製のサイドボードなんぞに飾り、何か特別なときだけ栓を開ける、というようなものだったのが、その上のクラスで高級輸入洋酒の代表だったジョニ黒だって、いまや2000円台で買えてしまう時代になっているものね。
 
 が、それだけではない。同時に、時代はバブル崩壊(1991年)直前で、終身雇用・年功序列・給料はベースアップで毎年上がる――というような従来のサラリーマン社会構造の終焉も間近だった、そのことも無縁ではないと思う。

 ぼく自身のことをちょっと記せば、給料者生活をしたこともあるけれど、そんなウイスキーにシンボライズされるような社会にいたわけではないので、無縁だった。初めて飲んだウイスキーはサントリー・レッドで高校生の時だったが、社会人になって、20代におおむね飲んでいたのはサントリー・ホワイト(新宿ゴールデン街に入り浸っていた)で、その次と言えば前述のように輸入洋酒が安くなったことと、酒の雑誌で仕事をしていた関係でハマったことから、いきなりバーボンに飛ぶのだけれども、最近の若い連中に、「最初に飲んだウイスキーは何?」と問うと、「ワイルドターキー」だの「グレンリベットの12年」なんて答えが返ってきて……ちょっとばかりクヤシイ。
 
(『P's ANIMO』誌 2004.WINTER号掲載分に一部加筆)


(20:35)

May 03, 2005

 たとえば昼間、みのもんたがテレビで「○○には××を食べるのがいい」といえば、夕方、その食物がスーパーの店頭から消える――というような、おバカな「食」の現象のことを言い表すうまいコトバはないものか、とつねづね思っていた。
『粗食のすすめ』の幕内秀夫さんは、そのまんま“みのもんた症候群”などと言っていたが、誰かに説明するのに毎回毎回、「ホラ、みのもんたがテレビでしゃべるとさぁ……というような現象」というのも面倒くさい。
 何か、ズバッと一言で、かつ批判性も含んだコトバはないものだろうか?
 
 そうしたら、4月3日の東京新聞に挟み込まれた日曜版「世界と日本 大図解シリーズ No.677」が“あります”と教えてくれた。
 
  フードファディズム Food Faddism
 
  と言うのだそうだ。説明によれば、
 
〈「ファド(Fad)は英語で「熱狂的で、一時的な流行」を意味する。一般的には、「マスメディアや食品・健康食品産業などから日々、大量に発信される食べ物に関する健康・栄養情報を過大評価したり、過信すること」を言う。ある食品に含まれる物質の有益性などを摂取量や頻度、実験の詳細を曖昧に表現し、「これを食べると○○に良い」などと針小棒大に取り上げる風潮もその一例だ。〉
 
 ……だそうです。

 新聞ではさらに、フードファディズムを、
〃鮃効果をうたう食品の爆発的な流行
 遠くは「紅茶キノコ」、近くは「ココア」「カスピ海ヨーグルト」「にがり」なんてのがありましたね。
⊃品・食品成分の“薬効”強調
 海藻ではなくて、海藻に含まれるフコイダンが……などという言い方だ。
食品に対して不安をあおり立てる
 の3タイプに分類。
 そして、フードファディズムが広がる以下の4つの社会的要因を挙げている。

●十分すぎる食料が供給されている
 …そもそも飢えていれば、食べ物についてあーだこーだなど言わない。

●過剰なまでの健康志向や「健康であらねばならぬ」という強迫観念が社会全体に漂っている
 …日本の場合、“強迫観念”が“漂っている”どころの話じゃない。“健康増進に取り組まないものは非国民である”と言わんばかりの「健康増進法」なる法律があるからだ。国家が法でもって国民個人の健康に介入したのは、過去ナチスドイツだけだと言われる。なぜ介入するかといえば、戦時にあっては強い軍隊の確保と、丈夫な兵隊サン予備軍を産んでもらうためだ。いまは何かというと、国民医療費や介護費を1円でも減らしたい、というだけのことで、アナタやワタシの健康を気遣ってくれているわけじゃないのだよ。

●食料の生産や製造、流通に対して、ばく然とした不安や不信があること
 …BSE問題など、これはいろいろある。

●イメージや情報に流されやすい人がたくさんいること
 …とはいえ、上記のような要因があるのだもの。どうしたって、情報に右往左往させられてしまうのもむべならぬことではあるよなあ。
 
 ともあれ、これからそういう人たちのことは「フードファディッシュなヒトビト」と呼ぼう……って、何かコトバの響きが格好良すぎるような気がしないでもないのだけれど。


(13:07)